分野の紹介

計算機ハードウェアの高速化、大容量化に伴い、これまで実用的でなかった実時間による画像の解析、 人工知能的アプローチの実現、文字認識など知的方法論が現実のものとなってきた。 我々の興味はこれら高性能な計算機をどう有益に利用できるものにするかということにある。 それにはソフトウェアに関する基礎研究や応用研究が重要である。ソフトウェアに関する研究は非常に広範囲であるが、 当分野では人間の知的な機能を代行するにはどうすれば良いかという視点に立っていろいろなアルゴリズムの研究を行っている。

当分野の主な研究課題を以下にあげる。


Javaによるデモンストレーション
back 分野のホームページに戻る。